もんちの日記。もんちが日々気になったことや、感じたことなどを記しています。

もんちの木

DIY ロレックス

ロレックスを自分で修理した話(DIY)① 16233デイトジャスト

更新日:

どうも!

もう新型コロナは終息するのか?それともぶり返すのか?

今後の経済考えると、なかなか不安な日々が続くなぁと思いにふけるもんちです。

そんな新型コロナとはまだ無縁の日のことですが、久しぶりに実家の父親から連絡がありました。

父の使っていたロレックスが動かなくなったので、もんちの付き合いのある時計屋さんで直してほしい、とのお話です。

ロレックスを修理依頼する

父親のロレックスは、20数年前のデイトジャスト16233です。

A番だったかな?

それで、もんちの伝手で修理屋さんに下代で1度だけメンテナンスをお願いしたことあるんですが、それも約10年前の話。

とりあえず実家へ行ってデイトジャスト16233を受け取りに行きました。

うへぇ・・・(;´Д`)

文字盤が腐食しとるやん。

これは完全に水分が入った証拠。パッキンもう駄目なんだろうなぁ。

時計の中でも、手巻きや自動巻きなど、機械式時計は特に修理メンテナンスをしていないと、自動車と同じで壊れます!

歯車の摩耗や、軸の油切れ、パッキンの劣化や、その他もろもろ。

オイスターケースで完全な防水だと思われがちですが、水中で軽く手を動かすだけで相当な水圧がかかりますので、パッキンなどにも相当な負担がかかります。

あろうことか、父は「防水」をいいことに風呂とかでもガンガン使っていたそう。

父はもともと素人ながらもバイクのエンジンのオーバーホールを自分で行うような人なのに、まさかそんな機械音痴なことするとは考えられなかったんですけどね(笑)

それで、10年前にオーバーホールしたときは、不良部品の交換もばっちり行い、すこぶる快調だったはずですが、この10年でこれまた同じような使い方をして、動かなくなったとのこと。

機械が動かなくなったら油を挿せばいい」などと言い出して

あろうことか、リューズの隙間からKURE556(CRC)をブシューっと吹き付けていたとのこと。

おいおい、それはまずいって(;´Д`)

さすがに焦りました・・・。

以前、脳出血で倒れたときの代償は大きかったのかなぁ。

いや、本当にもんちなんかより断然機械に詳しい人間だったのになぁ・・・。

修理屋にお断りされる

まあとりあえず、確かに動かない状態だったのを確認して、リューズを回してみると・・・

あ、これはゼンマイ切れだとすぐにわかりました。

リューズが軽いもん(笑)

あとグワングワン変な音がします。

あ、これはローター軸の不良だな・・・。

CRCぶち込まれてても、まあベンジンで洗浄すればいいし、ローター軸も洗浄で復活する可能性も高いし、あとはゼンマイの交換くらいだから修理屋さんにお願いして直してもらおう!

そう思って懇意にしている修理屋さんにお願いしました。

と・こ・ろ・が

修理屋「もんちさん、すみません!こないだ修理依頼していただいた16233ですけど・・・」

ん?なんか嫌な予感・・・。

修理屋「受付不可です」

がーーーん!

修理屋さんの話によると

クラウンとガスケットのネジ山部分が摩耗していて、今、何とか引っかかるのでリューズをねじ込んで閉めることができるが、修理の時にそれが完全に摩耗してねじ込みできなくなる可能性があるので、中身のメンテナンスはできても、リューズのねじ込み部分が壊れた場合の補償ができない

とのこと

実はここ数年でロレックスは自社の修理部門以外に部品を供給しなくなったため、リューズ部品を取り寄せるのが不可能になりました。

なので、純正パーツが必要な修理については、ロレックスのサービスセンターに依頼するしかないとのことでした。

うーん、悩みます。

ロレックスのサービスセンターに修理依頼すると、頼んでもいないのに外装仕上げとかされてまうし、やらんでもいいところまで綺麗にされてしまい、しかもちゃんと料金上乗せされて費用がかかる。

こんなボロい16233を修理依頼したらどんだけ請求されることか・・・(;´Д`)

これは困った。

もんちの父親はお金ほとんど持ってないし、唯一の財産がこのデイトジャストくらい。

だいたい修理不可ならもういいとのことだったけど、息子としては、なんとかしてやりたい。

どうしたものか・・・

自分でロレックスを修理する

業者に頼むことに関しては手詰まり。

なら答えは一つ。

自分でやるか

いつもの単純思考です(笑)

幸いもんちは元々機械式時計に興味があり、以前所有していたオメガのスピードマスターの分解掃除(オーバーホールもどきだし、壊したこともある)も自分で行っています。

道具もそこそこ揃っているのと、ETAの3針ムーブメントなら何回も分解組み立てを練習しましたし、古いロレックスのキャリパーも一度やろうとしたことがあります。

まあロレックスは失敗したんですけどね(笑)

どうせ壊れてもいいんだ(ってか壊れとるし)ということで自分でやらせてもらうことにします!

そこで、とりあえずわかっている原因はゼンマイ切れ。

ですので、ゼンマイを調達することにしました。

社外品です。ヤフオクで入手。いわゆるジェネリックパーツとかいうやつです。

2,000円くらい。

あとの不良部品は分解していく中で見つかり次第、調達することにします。

今回は初めて修理となりますが、とりあえず壊れてもいいんだし、やったるか(笑)

次回に続きます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-DIY, ロレックス
-, , , , , ,

Copyright© もんちの木 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.